一般歯科


むし歯や歯周病は一度かかると自然には治りません。治療方法としては、むし歯になった部分を削り、そこにレジン(プラスチック)や金属を詰めたり、被せたりします。削る部分が深ければ麻酔も必要になります。
また、これらの治療を受けた後は、治した部分をきちんと管理(メンテナンス)し、残った歯を、シッカリと守ることが大切です。歯や口の病気は、予防と定期的な検診による管理によって防ぐことができるのです。


「毎日の歯磨きで、難しい箇所がある」「食事をしていると、いつも同じ場所に物が挟まってしまう」といったような、治療の必要がないような場合でも、お気軽にご相談ください。定期的に歯科医院に通うということは、キレイな歯の維持や、むし歯や歯周病の予防などにとても効果的です。


当医院では、最新鋭歯科用CTを導入しています。
従来のレントゲン画像は平面像(二次元)でしたが、歯科用CT画像は立体画像(三次元)で表すことが可能です。歯周病の現状や歯の根っこの形態、骨の状態など、お口の中をより細部まで、正確に診断することができます。
また、歯科用CTは、医科用のCTとは異なり、歯科用にカスタマイズされたもので、放射線量は10分の1以下になっております。これは、飛行機でニューヨークを往復した場合よりも少ない線量で、極めて安全です。どうかご安心ください。

主な治療内容

むし歯の治療 当院では、なるべく「削らない治療」を心がけています。小さな初期むし歯は、削らずに再石灰化を促す治療をしています。
歯槽膿漏などの
歯周病治療
歯周病の治療に積極的に取り組んでいます。歯科衛生士による、ていねいなブラッシング指導から、エムドゲインを使用した、最先端の治療も取り入れています。
抜歯 なるべく「抜かない治療」を心がけています。残せる歯は、可能な限り残します。
歯石除去 できるだけ痛みのないように除去します。また、PMTCにより歯石のつきにくい状態を作り出します。
口臭治療 口臭には、むし歯、歯周病による口臭のほか、舌、ちくのう、膿栓など、いろいろな原因が考えられます。状態により耳鼻科医、内科医、精神科医とも連携をとり治療を行います。

よく質問のあるカテゴリ

新着歯科相談[一般歯科]