小児歯科

 

子どものむし歯は、将来の生活に大きな影響を持っています。むし歯があると、食べものがあまりよくかめない為、体に与える影響はもちろん、あごの発育不全などの原因になります。またひどいむし歯を放置すると、永久歯が生えてきたときに決められた場所に生えることができずに歯並びが悪くなったり、また、乳歯の下にある永久歯の芽にも悪い影響を与えます。

小児歯科では、ただむし歯を治すだけではなく、歯とあごの正常な成長と発達を促し、将来予測される歯の問題を未然に防ぎながら、お子さまの成長にあわせて、最善の治療を行うことができます。
また、むし歯の治療や予防だけではなく、将来起こりうる不正咬合(悪いかみ合わせ)の予防管理もおこなっています。

むし歯や歯肉の病気の
治療と予防(フッ素塗布)
特に、むし歯予防に力を入れています。定期検診でフッ素塗布も行います。
咬合誘導(歯列育成の
ための予防矯正や、
本格的な歯列矯正まで)
お子様の歯並びを、生えかわりの時期から見守っていきます。
外傷歯の
修復・整復・固定
前歯をぶつけて、抜けてしまったり、ぐらぐらになったり、欠けてしまった場合は、すぐに来院ください。
口腔清掃指導
(ブラシやフロスなど)
歯科衛生士が、ていねいに歯磨き指導をおこないます。
口腔悪習癖(母指吸引癖・
咬爪癖・舌弄癖など)
の除去指導
指吸い、舌の癖などの歯や噛み合せにとって、悪い癖をやめられるように指導します。
笑気吸入鎮静法による
さわやか診療
こわがりで、今までどうしても治療ができなかったお子様も、安心して治療が受けられます。

よく質問のあるカテゴリ

新着歯科相談[小児歯科]