お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

妊娠35週、レントゲンをとる場合、腹部にエプロンをしなくてもパノラマ撮影でも影響はないのでしょうか?

 現在、妊娠35週に入るところです。3週間前くらいから左奥親不知周辺が痛み出し、切迫早産中のためかかりつけの口腔外科ではなく、近所の歯科にいきました。
 そこでは、妊娠中のためレントゲン控えたいとのこと、また親不知は確かに虫歯だが叩いてみると親不知手前の銀歯2本が原因で根に膿がたまっているかもしれないと言われました。産後治療をするので、メイアクト3日分で散らすとのことで3日飲みましたが痛みが治まりません。
 菌血症になると胎児にも影響が出るとネットなどで見かけ不安です。このまま産後まで放置しても大丈夫なのでしょうか??
 メイアクトを飲む前も、当分放置していた期間があったので心配です。胎児には影響ありますか??また、メイアクト服用期間を長くするとどのようになりますか??
 どうしてもレントゲンをとらなくてはいけなくなった場合腹部に、エプロンをしなくてもパノラマ撮影でも影響はないのでしょうか??妊娠後期のため、歯のことが毎日毎日不安です。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 妊娠9ヶ月なので、レントゲン撮影は、必要に応じて撮影しても問題ありません。もちろん首から上だけですから、お子さんに影響はないでしょう。ご安心ください。散乱線防御の観点から、防護エプロンをすれば、完璧でしょう。
 いま治療を開始したほうが良いのかどうかは、あなた様の歯の状態によります。主治医とよくご相談ください。メイアクトなどの経口セフェム系抗菌薬は、胎児にさほど影響がないとされています。ご安心ください。鎮痛薬もカロナールなどのアセトアミノフェンは妊娠中も服用可能です。ひどい痛みが続いておられるようなら、治療を開始されることをお勧めいたします。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談