お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

エナメル質形成不全、詰めるか被せるか、どちらが良いのか悩んでいます。

 娘がエナメル質形成不全で白い詰め物で簡単な治療を続けてきましたが、すぐにとれてしまったり、最近はかなり色も濃くなってしまい、歯科医から 被せるかもっとしっかりした詰め物をしたほうが良いと診断されましたが、詰めるか被せるか、どちらが良いのか悩んでいます。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 変色や欠損の程度にもよりますが、できるだけ歯を削らない方法をご希望なら、グラディアダイレクトなどの審美性に優れたコンポジットレジン材料による審美的な修復治療が可能です。ラミネートベニア法よりも、歯を削る必要がありません。もちろん数年で、着色がみられたり、欠けたりすることはありますが、何度でも簡単に修理が利くのが利点です。
 次にポーセレンラミネートベニア法が削る量は少ないです。審美的にも満足できる方法です。生活歯の場合、知覚過敏を生じやすかったり接着がうまくいかないと外れやすい欠点はあります。
 セラミッククラウンを被せる方法は、審美的にも耐久性にしても優れていますが、もっとも歯を削る量は多くなります。咬み合わせが緊密な場合、抜髄などの処置が必要になってくる場合もあります。ご担当の先生と治療方針について良くご相談されることをお勧めいたします。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談