お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

私は摂食障害です。グラディアダイレクトは、どこまでの歯であれば治療可能でしょうか。

 私は数年摂食障害です。
 グラディアダイレクト治療は、どこまでの歯であれば治療可能でしょうか。溶けて薄くなった前歯等は、どのような修復が可能になるのでしょうか。また、どのくらいの期間持つのでしょうか?
 自分の歯の状況を見てすごく憂鬱で、ぜひ当方でも治療をお願いしたいのですが、なかなか踏み込めないでいます。グラディアがいいのか、オールセラミックがいいのか…。
 回答いただけるとありがたいです。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 通常、摂食障害(過食嘔吐)などでエナメル質が溶けて薄くなってしまったような方には、グラディアダイレクトによる審美的な修復治療がベストの治療アイテムであると考えています。もちろん程度により、セラミッククラウンなどの補綴治療が必要であったり、ラミネートベニアによる修復治療のほうがよい場合もあります。
 当院でも摂食障害、やエナメル質形成不全の患者さんが後を絶ちません。歯をさらに削ってかぶせるのではなく、修復治療で対応できることならまずは、グラディアダイレクトをお勧めしています。酸蝕歯の程度により、修復治療(着色部分だけを削って、コンポジットレジンで埋める方法、ラミネートベニアを含む)を行うのか、補綴治療(歯をすべて削って被せものの歯を入れる)を行うかによって治療方針が異なります。なるべく歯を削らないという観点からはコンポジットレジン修復のほうが良いと考えますが、ただしセラミックで被せたほうが、綺麗と考える人もいます。また、前歯の咬み合わせの状態によっても、どの選択肢を選ぶのがベストであるかが異なってきます。
 治療方針は、選択肢がたくさんあったほうが良いと考えます。まずはどちらの選択肢を選ぶか、数件の歯科医院で診察をお受けになり、それぞれのメリット、デメリットをよくお聞きになることをお勧めいたします。一般的にセラミックを被せる方法やラミネートベニアは健康保険適用外なので、治療費が高価です。コンポジットレジン修復は、健康保険適用の材料を使用すれば、比較的安価です。治療費も含めてよくご相談ください。当院では、グラディアダイレクトなどのハイブリッドセラミックと呼ばれる、審美修復材料(健保適用外)を用いて修復治療を行って患者様に喜ばれています。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談