お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

3年たった打撲した歯、どのようにすれば変色は気にならなくなるのでしょうか。

 はじめまして。お世話になります。
 子供の歯についての相談です。
 中学2年生の頃、打撲により歯の神経が死んでしまい、歯の色がグレー色に変色致しましたが、1年間の経過観察により、無事神経が再生しました。
 現在3年が経ち表面的には歯の色も少しは良くなりましたが、歯の内部の血液汚れは残ったままです。歯の裏側から見ると変色した血液がこびりついているのがわかります。特に歯の根本辺りの変色が濃いようで、明かりの加減で、歯の根本辺りがかなり濃くグレー色にくっきり見える場合もあります。明るい場所でも歯の根本辺りが黒っぽく見えたりします。
 このような状況の場合、どのようにすれば変色は気にならなくなるのでしょうか。
 今となっては既に遅いのですが、ここまで歯の色が気になるのだったら神経が死んでしまった段階で早めに神経処置をしたほうが良かったのではないかという後悔もあり、とても悩んでいます。
 お忙しいところ申し訳ありません。宜しくお願いいたします。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 亜脱臼により一旦失活した前歯に歯冠の変色がみられることは多いものです。
 歯冠部の変色は通常徐々に退色してくることが多いものですが、どうしても気になるようなら、残念ですが、根管治療を行った後に、ウォーキングブリーチを行うことになります。
 変色の原因は、歯髄腔内での出血や歯髄組織の変性が考えられますが、徹底的に歯髄の残渣を取り除いたのちに、漂白処置を適切に行うことによって、審美的にも満足できる程度に回復いたしますのでご安心ください。
 神経が死んでしまった段階で早めに神経処置をしたほうが良かったのではないかという後悔は、全く必要ありません。早期に根管治療を行ってしまった場合、歯は、歯髄腔が大きく、根尖も未完成であるために、根尖閉鎖の手順と日数が必要であったり、歯自体も薄く弱くなってしまいます。今なら、歯髄腔は閉塞という治癒形態を起こしており、歯は確実に成熟し、強くなっていますので充分に根管治療や漂白処置にも耐えることが可能でしょう。もちろん通常、補綴処置(被せる治療)は必要なく、裏からコンポジットレジンで修復(詰める)するだけで十分審美治療が可能です。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談