お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

前歯を10年前くらいに打って左前歯の外側だけうっすら欠けてしまいました。

 前歯を10年前くらいに打って左前歯の外側だけうっすら欠けてしまいました。また、もともとすきっぱだったこともあり、レジンで埋めてもらいました。
 最近になって汚れが気になったので新しい歯医者でレジンのを変えてもらいに行ったらすごく左右の前歯の色の変色がきになり、それから2件歯医者をまわりましたが、レントゲンでは神経はあるが細くなっているだけで根元もきれいで問題ないといわれました。ですが、方法は、ウォーキングブリッジ?というものになりそうで、神経がまだあるのに抜きたくないというのが私の考えなので、ネットを毎日みているのですが、方法はほかにないでしょうか・・
 グラディアダイレクトというのが私的には気になっています。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 外傷の既往がある歯の歯髄腔が硬組織で閉塞される治癒形態があります。
 臨床的には、歯髄は電気歯髄診断器に反応し、生きていますが、歯の変色は残る場合があります。
 審美的な観点から変色がどうしても気になる場合には、抜髄して根管治療を行い、歯の漂白を行うことになります。
 歯の表面を削ることなく処置が可能なので、ご自分のエナメル質を残すことができ、審美的には最もおすすめです。
 安原先生 ご返信ありがとうございます。
 神経に異常が無くても神経を抜いてしまっても後々大丈夫なのでしょうか?
 また、今一本だけで悩んでいますが、ほかの色も今の色より白くしたい(ホワイトニング)したい時などはその1本はホワイトニングできないですよね?
 神経がまだあったとしても抜くことは後々も大丈夫なのでしょうか?
 また、いまは一本だけの治療で悩んでいますが、全体的にもホワイトニングしたいと思った時は、その1本は別の方法でホワイトニングになりますか?
 安原歯科医院の安原豊人です。
 もちろん、神経を取らない方が良いにきまっていますが、外傷歯の場合、歯の内部からの変色なので、ホームブリーチやオフィスブリーチなどのホワイトニングが奏功しにくいのです。
 また、コンポジットレジンで埋めている部分は白くなりませんので、後から漂白した歯の色に合わせて詰め直すことが必要です。
 あなた様の場合、ほかの歯の色も白くしたいのであれば、まず、数週間ホームブリーチで全体の歯を白くしたのちに、左前歯の漂白を行ってグラディアダイレクトで修復するか、神経を残したまま、漂白は行わずにラミネートベニヤ修復か全体を削ってセラミッククラウンでかぶせる治療を行う方が良いかもしれません。ご担当の先生とよくご相談の上、治療を開始されることをお勧めいたします。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談