お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

6歳の息子、生え変わった永久歯がやけに黄色く、歯を磨くと痛がります。エナメル質形成不全としては重症なのでしょうか。

 6歳の息子の生え変わった永久歯がやけに黄色く、永久歯だけ歯を磨くと痛がります。食事中は、なんの差し障りもない様子です。エナメル質形成不全としては重症な方なのでしょうか。最後に生え変わった前歯の2本のうち、一本が途中から伸びてきません。抜けてから一年はまだ経っていません。4歳のとき、絞厄性イレウスで二回手術をし、その後食事制限があったためでしょうか。1~2年前はりんごジュースをかなり取っていました。今6本の永久歯が(前歯)黄色いですが、これはもう治らないのでしょうか?今後生えて来る永久歯がこうならない為には、どうしたらよいでしょうか?
 りんごジュースは、今、一日一杯飲むか飲まないかになりました。砂糖は一切口にしていません。エナメル質の形成に関係するものは一体なんでしょうか?
 また、術後は動物性蛋白は一切とってとりません。ご回答いただけると助かります。
 どうぞよろしくお願いします。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 どの程度の変色なのかは、写真等で判断してみないとわかりませんが、一般的に永久歯は乳歯より黄色っぽい歯が萌出してくるのが普通です。
 もちろんお子様の場合、エナメル質形成不全歯やテトラサイクリン系抗菌薬による歯の変色の可能性も考えられます。
 一般に永久歯歯胚の石灰化は第一大臼歯が最も早く出生時に開始され、中切歯から第二大臼歯までは、生後3年間で順に石灰化が始まり、3~6年で完成します。その間に大病などで歯の石灰化が阻害されたりすると、エナメル質形成不全を生じたり、絞厄性イレウスの治療で腸内細菌の増殖・毒素産生の予防のために抗生物質(例えば、テトラサイクリン系抗菌薬)を点滴投与しなければならなかった場合などには、テトラサイクリン系抗菌薬による永久歯の変色がみられる場合があります。特に今、気を付けることはありませんが、今後審美的に気になるようなら歯のホワイトニングを行うことによって、ある程度審美性は回復されますのでご安心ください。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談