お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

10歳の息子、前歯を強打しました。歯の色が薄いグレーとなり裏側は茶色ががっています。処置をご教授いただきたいです。

 10歳(もうすぐ11歳)の息子が学校で友達とふざけあい前歯を強打しました。
 当日歯科医院でレントゲンを撮った時はヒヒもなく問題ないでしょうとのことでした。
 数日で痛みもなく忘れていたのですが、1か月後の受診の際、前歯1本の歯の色が薄いグレーとなり裏側は茶色ががっていますとのこと。様子を見ないとわからないが、神経が死んでいるかもと簡単に言われ、神経を抜く話をされました。インターネットで調べていると子供の自然治癒力で回復したとか、もう1回死んだ神経は戻りませんとか、先生によって意見は様々です。
 親としては勿論回復を待ちたいのですが、どのような症状になったら処置するのか?先生にご教授いただきたいです。お願いします。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 もちろん診察してみないとわかりませんが、外傷の既往のある歯は、その程度により、通常、3週間ぐらいで、血行が途絶えて黒ずんでくることがあります。しかし根未完成歯の場合や、二十歳ぐらいまでの若年者の場合には、その後半年ぐらいかけて血行がよみがえってくることが多いものです。電気歯髄診断を行いながら、時々レントゲンを撮影して歯髄の生死を確認しながら様子をみるのが現在の主流です。
 もちろん、そのまま失活してしまって、痛みが生じたり、歯肉が腫れてきた様な場合には、根管治療を行います。また、変色が気になる場合には、さらに漂白処置を行い、さし歯にすることなく、コンポジットレジン修復で審美性の回復が十分可能です。ご安心ください。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談