お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

サホライドの治療はどのような流れとなるのでしょうか? また、サホライド以外にどの様な治療法がありますか?

 2歳歯科検診時に上前歯2本の間が初期虫歯C1と診断され、その時はフッ素を塗っていただき経過観察となりました。
 3歳児検診で、その初期虫歯がC2と診断され、要医療となりました。検診時、削らずに進行を遅らせる方法があるが、歯が黒くなるデメリットがある、と聞きました。
 調べてみるとサホライドと言う方法かなと思うのですが、説明するサイトによって、黒くなる期間が一週間となっていたり、永久歯への生え変わりまで、だったり色々でした。
 サホライドの治療はどのような流れとなるのでしょうか?
 また、安原先生では削る、サホライド以外にどの様な治療法がありますか?
 ご多忙中とは存じますが、よろしくお願い致します。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 通常サホライドを塗布すると、その部分は、生え変わりまで黒く変色します。
 審美的に気になる場合には、歯科治療が上手にできるようになってから、黒く染まった虫歯の部分を削って、コンポジットレジンで修復することが可能です。う蝕抑制効果は、サホライドには劣りますが、黒くならないフッ化物塗布を定期的に行って虫歯の進行を遅らせることは可能だと考えます。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談