お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

3年前に左の上下の親不知を抜歯しました。それから舌の左側が、火傷のようにヒリヒリする痛さです。

 はじめまして、
 歯科関係のHPを検索している時、幸運にも安原先生のサイトに辿り着きました。
 厚かましいお願いなのですが、先生のご見解をいただけると幸甚でございます。
 3年前に左の上下の親不知を抜歯しました、その際、上には銀歯、下にはブリッジを入れました。
 それから舌の左側が痛くなりました、火傷のようにヒリヒリする痛さです。
 銀歯とブリッジが舌に当たっている感じがし、銀歯とブリッジを付け替えました。
 その後、歯に当たっている感じは無くなり痛みは軽減しました。
 然し、最近また痛み始めたのです、痛みは舌の左側のみです、痛みの移動はありません、また触っても痛くありません、見た目も普通です。
 この痛みで滑舌が悪くなり困っています。
 この症状の原因は何と考えられますでしょうか、また何科を受診すればよろしいでしょうか。
 ご指導いただけますと幸いです。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 舌にヒリヒリすり切れるような痛みや、燃えるような感覚(灼熱感)があっても、視診や触診で異常が認められないような慢性的な舌の痛みがある症状を「舌痛症」(ぜつつうしょう)と言います。
 特徴としては、痛む場所が日によって変わる、(舌の先や、真ん中が多い)、食事や他のことに熱中している時は痛みを感じないことが挙げられます。また半数程度には、苦みを感じるなどの味覚異常を併発しています。まじめな几帳面な性格の人に多く、がんの恐怖など心理的な因子によって発症することも多くみられます。近年では増加傾向にあり、特に中高年の女性に多い症状です。
 舌に痛みがある場合の治療としては、歯やかぶせ、入れ歯による機械的刺激があれば除去します。口腔カンジダ症のようにカンジダ菌が原因の場合には抗真菌剤が奏効します。その他の細菌やウイルスによる感染の場合にも、それに対応した薬剤を使用します。一方で、特に原因となるものが無い場合、がんではないこと、このような病気があることを説明します。場合によっては、軽い抗不安薬や漢方薬で効果がみられることもあります。発症から受診までの期間が短いほど予後が良い傾向がありますので、違和感や症状が続く場合、早めの受診を心がけてください。
 あなた様の場合、3年前に歯を治療した際に生じた「舌の痛み」が脳の片隅の「痛みの引き出し」の中にしまわれていて、ときどきそこに回路がつながってその当時の痛みがよみがえっていると考えられます。大学病院の口腔外科や口腔内科、無ければお近くの神経内科や心療内科でも治療が可能でしょう。一度ご相談ください。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談