お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

舌の上に1mmより少し小さいくらいの黒い点が2つあるのに気づきました。

 質問させていただきます。
 今年の六月に舌の上に1mmより少し小さいくらいの黒い点が2つあるのに気づきました。
 痛くもなんともないのでほうっておいたら9月の26日に舌に痛みを感じたのでみてみると、黒いとまではいきませんが、黒になりかけのような1mmより少し小さい点が3つ新しくできていました。
 この点は何なのでしょうか。何かの病気でしょうか。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 口腔粘膜のメラニン色素の沈着症の可能性が考えられます。色素沈着している部位と範囲によって色彩と形態に変化が見られ、粘膜上皮の基底層にメラニン色素が多いときには、その量によって黒色から褐色を呈し、粘膜固有層にもメラニン顆粒があれば、灰褐色となります。粘膜固有層の深部または粘膜下層に大量に存在するときは青みをおびてきます。
 口腔粘膜におけるメラニン色素沈着は、日常一般的に認められるのは生理的なもので、中年以降の高齢者の口唇、頬粘膜には、多くみられます。これは生理的メラニン色素斑と呼ばれ、限局性の色素沈着は点状ないし斑状を呈します。粘膜の炎症後に色素沈着が起こることが多いといわれています。喫煙者に多くみられるとの報告もあります。審美的にさほど気になる部分ではないので、特に、切除は必要ないと考えます。
 過度の心配は無用ですが、症状が続くようでしたら、一度口腔外科を受診されることをお勧めいたします。
 安原先生、お忙しい中本当にありがとうございます。
 アドバイスをいただいて少し安心しました。
 少しの間様子をみたいと思います。
 本当にありがとうございました。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談