お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

舌小帯、この程度の不都合であれば、切らない方がよいのでしょうか。

 口を開けて舌を持ち上げると平面より少し上までしか上がらず、前に付きだすとハート型になり、舌先から1cmのところから白い筋が伸びています。
 サ行やタ行の発音は問題なく行え、カラオケも、あまりに速いもの以外はちゃんとした発音でお耐えます。
 上前歯の唇側も頑張れば舐めることができるのですが、稀に会話中にろれつが回らなくなって変な言葉が出たり(俗に言う「噛んだ」と同じ状態)、舌を前に出そうとすると筋が下前歯に挟まって痛みが数日間続いたりすることが多々あります。
 ただ、いろいろ調べてみると舌下帯を切らずに経過観察となる場合もあるようで、実際に問題視されている症例の画像を見ても、私のものより短い方のものばかりでした。
 特別声を使う環境にはおらず、この程度の不都合であれば、切らない方がよいのでしょうか。
 ご回答よろしくお願いします。
4137
 安原歯科医院の安原豊人です。 
 写真拝見いたしました。実際、それほどひどいほうではありませんが、自覚症状があるようなら手術されることをお勧めいたします。手術による弊害は特にありませんのでご安心ください。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談