お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

右耳から顎にかけて激痛がしてて最初は虫歯かな?って思ったけど…これってなんの症状ですか?

 右耳から顎にかけて激痛がしてて
 最初は虫歯かな?って思ったけど
 歯はいたくないからてのなって思ってだけど
 口をあけたり食べたりするときもすごく痛くてだんだん耳の中までいたんできて
 今は右よりかは痛くないけど左も少し痛くたくて
 これってなんの症状ですか…?
 安原歯科医院の安原豊人です。
 顎関節症の疑いが考えられます。
 顎関節症とは、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある、例えば「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが、主な症状である慢性的な疾患で、原因はいくつかあり状態も異なりますが、まとめて顎関節症と呼ばれるものです。
 特に若い女性に多い病気で、10代半ばから増え始め20~30代がピークで、男性の2~3倍といわれています。理由は、男性よりも骨や靭帯が細くて弱いからだと考えられています。原因は、いろいろありますが、無意識下のくいしばりや歯ぎしりにあるとされています。
 夜間のうつぶせ寝や、横向きに寝る習癖がある人は要注意です。そのような人は、咬み合わせがずれた状態で関節に力が加わるので、関節円板と呼ばれる軟骨でできたクッションのようなものがあるのですが、そのクッションがずれてしまってカクカク音が鳴るようになります。
 音が鳴る程度の軽症のものは、放置してもかまわないと思いますが、痛みがある方や、口が開きにくいなどの重症のものは治療が必要となります。咀嚼筋の疼痛や、頭痛を訴える場合もあります。
 一般的には、セルフケアー(日常生活で注意してもらう事項)で様子をみたり、スプリント療法といって、マウスピースのようなものを夜間にはめて頂いて治療を行います。明らかに咬み合わせが原因の場合は、咬み合わせを変えることもあります。
 顎関節症は、ウ蝕、歯周病と並ぶ第三の歯科疾患であり、顎関節の異常を訴えて来院される患者様は当院でも後を絶ちません。お近くの歯科口腔外科で治療可能ですので、一度受診してみてください。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談