お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

舌の荒れ、ストレス、1か月程前から首にシコリ、突然癌が発生する事はあるのでしょうか?

 初めてご相談させて頂きます。
 数カ月前から舌が荒れており、ストレスだろうとあまり気にしていなかったのですが、1か月程前から首にシコリ(痛み無し、平たい、3センチ程)が首の右側中央にでき、心配になり口腔外科で診療を受けました。
 CT検査の結果、特に異常はないとの事だったのですが、その直後から舌の左側面にシコリができ、1週間程直りません。
 痛みもなくネットで調べると舌癌の可能性が高いと出てきます。CT検査の直後にできたのですが、数日前の検査では異常がなく、突然癌が発生する事はあるのでしょうか?また、首のシコリも抗生剤を飲みましたが、小さくならずこちらも心配です。舌の左側に癌が出来た場合は、首の左側ではなく右側のリンパ節に転移する事もあるのでしょうか?
 分かりにくい文で大変申し訳ございませんが、以上2点についてどうかよろしくお願い致します。
4482
 安原歯科医院の安原豊人です。
 写真拝見いたしました。もちろん診察してみないとわかりませんが、単なる咬み癖による褥瘡性潰瘍などの可能性もあります。
 褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)は、慢性的な刺激が同じ部位に加わると、その部位に循環障害が起こり潰瘍を作ります。口腔内では、歯列不正、不適合補綴物(合わない義歯や尖った金属冠)、義歯による刺激などが原因になります。自覚症状として一般的なものは、接触痛、刺激痛ですが、痛みがない場合もあります。治療は、う蝕(むし歯)、歯列不正、不適合補綴物などの原因の除去を行います。
 悪性の心配や、リンパ節転移のご心配はいらないと思われますが、一度口腔外科で診察をお受けになることをお勧めいたします。
 安原先生、さっそくのご回答ありがとうございます。
 また、ご丁寧に説明して頂き心から感謝いたします。
 慢性的な刺激が原因だったのですね。そう言えば、同じところにたまに口内炎のような痛みを感じたことが沢山ありました。
 今回はリンパ節のシコリが伴ったので心配になってました。慢性的な刺激は癌へと発展するとも聞いた事があります。早急に対応したいと思います。
 本当にありがとうございました。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談