お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

白い粘膜について相談させてください。3ヶ月前から内頬の奥に白い口内炎があります。

 白い粘膜について相談させてください。
 3ヶ月前から内頬の奥に白い口内炎があります。
 歯科でみてもらったところ、気にするなと言われ、その後耳鼻科でみてもらったところ歯に擦れて白くなっているとのことでしたので歯科へ戻りわずかに削ってもらいました。その際に白板症ですかと聞くと「違います、白板症はもっと白くなります」と言われました。
 しかし、病状が変わらないので口腔外科を標榜している所へ行くと、やはり歯が擦れていて、このまま続くと悪いものになる可能性もあるのでと言われ削ってもらいました。
 それから3日経ちますが変わっていません。特に経過観察などの話もでませんがこのままでいいのでしょうか。視診、触診以外の検査はしておらず、三人の医師に診てもらったので大丈夫とは思うのですが心配になり書かせていただきました。
 宜しくお願いします。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 ほっぺたの内側を見ると、咬み合わせた上下の歯の線に沿って、多少の隆起を伴った白いすじが、見られることがあります。白線といって、頬粘膜を慢性的に上下臼歯部において咬んでいる人に多く見られるもので、白いみみず腫れのように見えるものです。
 原因には咬頬癖、頬吸引癖、噛みしめ、くいしばり、などが考えられています。夜間無意識にかんでいる人も多いのです。普通の頬粘膜圧痕(頬粘膜の白線)は、特に治療の必要はありません。ご安心ください。
 ただし、頬咬癖の場合はスプリントを装着して様子をみる場合があります。いろいろなストレスが関係していると考えられています。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談