お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

親知らずのすぐ下の粘膜が、口内炎に皮を被ってミルクのように白くなっています。

 お世話になります。
 1年ほど前から上の左親知らずのすぐ下の(頬というより咽頭側)粘膜が、口内炎に皮を被ってミルクのように白くなっています。歯科では問題なし、耳鼻科では長年擦れて瘢痕化してる、内科ではかみ合わせだろうから様子を見てと言われ、放置しています。
 ただ、色々調べていると、瘢痕化する事はなかなかないそうで、白板症かな?とも思ったのですが、そうではないにしても親知らずと擦れ続けているとガンなどにかかる確率が上がるんではないかと心配です。
 白い粘膜も放っておいていい場合もあるんでしょうか?
 舌で触るとざらついています。痛みもなにも不都合はありません。
 右上の親知らずが当たる部位も同じく白くなっていてパニックです……2年前に一度白くなっていたのは確認していました。あれから治ってないようです。
 ご回答頂ければ幸いです。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 ほっぺたの内側を見ると、咬み合わせた上下の歯の線に沿って、多少の隆起を伴った白いすじが、見られることがあります。白線といって、頬粘膜を慢性的に上下臼歯部において咬んでいる人に多く見られるもので、白いみみず腫れのように見えるものです。人によっては、内側の粘膜に生じる場合もあります。
 原因には咬頬癖、頬吸引癖、噛みしめ、くいしばり、などが考えられています。夜間無意識にかんでいる人も多いのです。普通の頬粘膜圧痕(頬粘膜の白線)は、特に治療の必要はありません。ご安心ください。親知らずが原因の場合には、抜歯することによって改善する場合もあります。
 ただし、頬咬癖の場合はスプリントを装着して様子をみる場合があります。いろいろなストレスが関係している場合もあります。一度口腔外科で診察を受けられることをおすすめいたします。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談