お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

口角に白い泡が両方につきます。インプラントは診察が不可欠でしょうか?

 1:アズノール、ケナログ、ワセリンが効かず、現在、皮膚科でフロリートを処方して5日塗りました。切れ目は軽くなったようですが、口を開けるとまだ少々いたみが残っています。仕事でしょっちゅう、喋りますが、口角に白い泡が両方につきます。切れと泡は入れ歯を作ってから始まったような気がします。それが原因でしょうか?
 2:インプラントは診察が不可欠でしょうか?下の前歯が5本、上の右、奥歯に4本残ってますが抜歯する際、ワーファリンを服用してますが大丈夫でしょうか?よろしくお願い致します。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 皮膚科でフロリードが処方されたということは、カンジダ菌などの真菌が検出されたということでしょう。口角炎に関しては、そのまましばらくフロリードを塗布することで寛解すると思われます。
 両側の口角泡の原因の一つには、義歯の咬交高径の低下が考えられます。つまり、入れ歯の咬み合わせが少し低いのかもしれません。かかりつけの歯科の先生とご相談されることをお勧めいたします。
 インプラント治療に関しては、診察してみないとわかりませんが、ワーファリンを処方している内科の先生と、抜歯をする歯科の先生が連絡を取り合いあなた様の体の状態を把握したうえで行われると思いますので、ご安心ください。一般的に血液検査のPT-INRの値が 1.5~2.5の間で維持されているのであれば、止血は問題ありません。PT-INRとは、「プロトロンビン時間国際標準比」、平たく言うと「血のサラサラ度合」を示す指標です。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談