お な や み 相 談  
当院にお問い合わせがあった質問をわかりやすくお答えします。

親知らずを抜いてオトガイ神経麻痺になりました。首から肩にかけても感覚が薄いです。

 親知らずを抜いてオトガイ神経麻痺になりました。首から肩にかけても感覚が薄いです。
 唇がピリピリし、下の歯がもともと視覚過敏なんですが歯を抜いてから視覚過敏がひどくなり痛みがきて睡眠がしにくくなりました。ロキソニンやビタミン剤を歯医者から支給されたのを飲んでますが気休めにしかなりません。
 知り合いに針灸治療を進められてますが、針は怖く悩んでます。
 何か改善方法あれば宜しくお願いします。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 もちろん診察してみないとわかりませんが、抜歯直後から麻痺が生じているのなら、抜歯の際に、神経を損傷してしまっているのかもしれません。この場合、経過観察していても重度の麻痺は改善されませんので、早急に神経縫合術を行うことをお勧めいたします。
 日本では、和歌山県立医科大学歯科口腔外科の藤田茂之教授が有名です。ご担当の先生とご相談の上、和歌山県立医科大学を受診されることをお勧めいたします。
 一方、術直後には麻痺がなかったのに、あとから急に麻痺が生じた場合、術後の出血や腫脹による神経の圧迫が考えられます。この場合は、半年から2年ぐらいで徐々に改善してくる場合があります。
 ピリピリとした痛みに対しては、プレガバリン(Pregabalin)商品名リリカというお薬がある程度有効です。この薬は、中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。通常、末梢性神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。ご担当の先生とよくご相談されることをお勧めいたします。

ご気軽にご相談ください

似たような症状でも人によって状態は変わります。気になることがありましたら、ささいなことでもご気軽にご相談ください。
無料相談